[PHP]セレクトボックスとswitch文(default)

写経パート10!

今日は、前回のswitch文と少し違う書き方、「default」を使った場合。

あと、セレクトボックスを写経!

syakyou010-1.php

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<meta charset="utf-8">
<title>写経10</title>
</head>
<body>
<p>携帯電話のキャリアを選択して下さい</p>
<form action="syakyou010-2.php" method="post">
<select name="carrier">
<option value="au">au</option>
<option value="sb">softbank</option>
<option value="dm">docomo</option>
<option value="ot">その他</option>
</select>
<p><input type="submit" value="確定"</p>
</form>
</body>
</html>

syakyou010-2.php

<body>
<?php
switch($_REQUEST['carrier']){
case'au':
    echo '三太郎!';
    break;
case'sb':
    echo '白戸家!';
    break;
case'dm':
    echo 'シュレックじゃねぇわ!';
    break;
default:
    echo '…あ、そう。';
    break;
}
?>
</body>
</html>

走らせると、このような画面。

「▼」を押すと、選択肢が出現。

「au」を選ぶと

三太郎!

「softbank」を選ぶと

もちろん白戸家!

「docomo」を選ぶと

…ありがとうございます。

「その他」を選ぶと

はい、そっけなく、返事をしてくれます。

「default」はif文でいうところの、「else」みたいなものだそうです。

それぞれの条件は「case」で、それ以外の場合は「default」といった感じでしょうか。

参考:確かな力が身につくPHP「超」入門(Informatics & IDEA)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする